« No1999 ニュージーランド旅行記⑧オークランド観光1日目 | トップページ | No2001 ニュージーランド旅行記⑩帰りの便、上海 »

2024年1月31日 (水)

No2000 ニュージーランド旅行記⑨オークランド観光2日目

今回も片づけの話はお休みして、ニュージーランド旅行記です

本日はNZの最終日、23:55の飛行機でオークランドを出発します

朝ごはんを作って食べ、ホテルをチェックアウト

お世話になりました✨

空港へ行くバスが出るスカイシティバスターミナルにロッカーがあったので、そこに荷物を預けて観光に出かけよう

コインで支払うタイプのロッカーだけ空いていて、コインがないのでカウンターで両替してもらいロッカーに荷物を入れます

日本ではあまり見ない奥行きのあるロッカーでリュック3個、キャリーケース1個、ボストンバッグ1個、全て入れることができました

ロッカーの受付画面は日本語も選べて、次男がロックの設定をしてくれたのですが

「どうも2時間で5ドル、かかるらしい」(実際は2ドル/hでした)

戻ってくるのは6時間後とかの予定、小銭を用意しておかないといけないようで💦手に入るかなぁ

 

最終日の観光は動物園と悩んだのですが、無料のコーンウォールパークへ行きます

検索するとバスの乗り換えが1回

市街地中心部から乗り、少し郊外のバス停で降車

Photo_20240129235301 

↑さすがに郊外のバス停はサイネージではなく、日本のように時刻表が貼ってありました

でもバス番号は見やすいし、やはり何故かオシャレ。乗車します

最寄りバス停の前で、別の人が降車ボタンが押して、私たちも降車しようとしたら、運転手さん停まらず

次の次のバス停まで、進んでしまいました。どうも停まり忘れたようで

降りる人が何か言うのかなぁと思ったら何も言わず降りて行きました

ミスへのクレームを言わないんだなぁ、何だか大らかな文化だなぁ

Photo_20240129235601郊外はぐっと道路が広いですね

2つバス停分プラスされて、歩いて向かいます。パークに近づくと

「あれ? 柵が閉まっているよ」

グーグルでは営業中と書いてあったけど、1月2日だからやっていない? えーっ💦とかなっていると

偶然、一人、側を歩いていた女の子が話しかけてくれて

「大丈夫だよ、入れるよ」と

柵に近づいて、柵のカギを自分で外して中に入り、私たちも入れてくれて、入った後、カギを閉めてくれました

どうも牛とか羊がいる公園なので、常時カギをしめているようで

この女の子がいて、よかったー!! いなかったら、わからず戻るところだった。あぶない

公園内、羊がさっそくいます。カワイイ

Photo_20240130212501 

Photo_20240130161801

Photo_20240130212601牛もいます

Photo_20240130212801

牛は人が近くに行っても逃げないのですが、羊は逃げちゃう

ニワトリもいた

Photo_20240130212901

Photo_20240130213101

Photo_20240130213201 

コーンウォールパーク内にはワンツリーヒルという、また高台があり

Photo_20240130213301

また高いところ~と思ったけど、やはり行ってみようと

道はどこ?どこから行くんだろう?と思っていたら、前方から日本人女子の団体客が歩いてきて声をかけてみると

その団体の中にいたガイドさん?が英語で教えてくれました

山道となだらかな道路があるとのこと「Not far from here」

登りは山道を選択

 

三男「もうこの景色は見飽きた」💦 だね、4回目ですから(;^_^A

Photo_20240130223001

公園をあとにしてお昼ごはんを食べに行こう。まだオークランドに来てからシーフードを食べてないので、私はシーフードを食べたい!と

ハーバーの方にも行っていないから行こう

子どもは肉がいいというので、ガイドブックを見てOyster and Chopというお店を目指しバスで移動

 

ハーバーのこの界隈、雰囲気はすっごくいいです

Photo_20240130224501夜もキレイそう

Oyster and Chopに14時に着いたのですが「ハッピーアワーは15時からだ」と店の人

調べるとハッピーアワーとはカキの食べ放題みたいなので「ハッピーアワーじゃなくていいんだけど」と伝えたのだけど

15時に来て!の一点張りでうーん、、それまで一度キッチン閉めるのかなぁ

別の店も考えたけど、行きたいお土産屋さんもあったし15時まで時間を潰すことにしました

 

お土産店のアオテアギフツへ 写真はなくてネットから

Photo_20240130225401

商品を見ていると、日本語で「日本人の方ですか?」と日本人の女性スタッフさんが話しかけてくれました

ワーキングホリデーでこのお店で働いているそう

もう今日が最終日なんです、とか話していて

「シティターミナルでロッカーに預けていてコインを用意して戻りたいのだけど、両替できる場所どこですかね?」と伺ったら

「銀行はあるけど、今日1月2日で祝日ですものね…あ、よかったら、ここのレジで両替しますよ!」と言ってくださり

15ドルをコインにしてもらいました。助けていただきありがとうございます!

商品の説明もしてくれてマヌカハニーの数字が精製度合いになってて、精製が低い(数字が大きい)ほど、薬効効果があるなど

マヌカハニー1つと他お土産も買いました

日本語、楽ですね😅

 

Oyster and Chopに戻るとさっきとは別のスタッフさんが「ハッピーアワーは向こうの入り口だ」と言うので

いや、ハッピーアワーじゃなくていいのだけど

「ランチかい?どうぞ」と

うーん、さっきもランチだったら入れたような… 英語力の無さが悲しい

Photo_20240130230701 窓というか、ビニールのロールスクリーンがかかっていてオシャレです

メニューはやはり難しいながら

Photo_20240130230901

私はきっとこれが白ワインだろう、というのを注文。ちゃんと白ワインが来ました

ニュージーランドはワインも有名です

カキ6個入りのお皿を一つ、私はエビ、子供二人はお肉を頼んだのですが

お肉は本当に肉しか来なかった。付け合わせとかないのですね…(;^_^A

サラダとか主食も頼めばよかった

Photo_20240130231301 

カキは普通かな

Photo_20240130231302

エビは美味しかったです

Photo_20240130231201

お水がスパークリングも選べるというので、スパークリングにしたら、有料で

あとNew Yearのチャージ料みたいなものあり

全部で260ドルくらいかかった😵

高級店だったようです💦 美味しかったし雰囲気もよくて、とてもくつろげましたし いいのですが

久しぶりの海外旅行、最後まで色々あります

 

あとは空港に戻る前に本屋さんに寄ってみようと

クイーン通りをまた通ります

今回はブランドショップを撮影してみた

Photo_20240130231901 ブルガリ

Photo_20240130232001ディオール

ところが、グーグルでは営業中になっていたけど、本屋さんお休みでした💦

次男が好きなキャラや日本の漫画やアニメグッツがたくさん売っている別の本屋さんもあったのですが、年始はお休みでした、残念

 

次男「他に行きたいところあるの?」と私に聞く

じゃあお言葉に甘えてポンソンビー通りに行きたい

カフェや雑貨店が並ぶ人気エリアです

グーグルマップで検索するとバスがすぐわかります

Photo_20240201210201

お店がいっぱい並んでます

やはり1月2日祝日なので空いている店は少なめでしたが

Photo_20240201210301 

雑貨屋さんとか行きたい―と思うのですが

「何を買いたいんだ」とか言われて息子二人はイライラしながら待たせるだけになると思うので

店の中に入ってゆっくりというより、通りをサーッと見ただけになってしまったのですが

それでも満足

ポンソンビーは高台になっているようで、ダウンタウンが見下ろすような景色に。キレイです。

Photo_20240201210401 

では、これで最後で空港へ行きますか

スカイシティターミナルに戻ります

両替してもらったコインでロッカーの開錠をします。5ドルで足りました

バスに乗って空港へ移動です

空港から日本までの帰りはまた次回の記事で

« No1999 ニュージーランド旅行記⑧オークランド観光1日目 | トップページ | No2001 ニュージーランド旅行記⑩帰りの便、上海 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« No1999 ニュージーランド旅行記⑧オークランド観光1日目 | トップページ | No2001 ニュージーランド旅行記⑩帰りの便、上海 »

フォト

サービス内容

  • 自宅セミナー、整理収納講座、お片づけ相談、収納サービス
    承っております。 お問い合わせは、bibi-samaki★nifty.com(★を@に変えて下さい)まで。        下記メール送信欄よりも送信できます。   お気軽にお問い合わせ下さい。  
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ