« No1996 ニュージーランド旅行記⑤ウェリントン観光 | トップページ | No1998 ニュージーランド旅行記⑦ワイトモ&ホビットツアー »

2024年1月27日 (土)

No1997 ニュージーランド旅行記⑥ウェリントンからオークランドに戻る

今回も片づけの話ではなくニュージーランド旅行記です

本日は移動日

朝、スーパーで買ったパンやヨーグルトをホテルの部屋で食べ、チェックアウトして、空港へ向かいます

ありがとう!いいホテルでした

Photo_20240124232101

AXという空港連絡バス、ガイドブックに運賃は大人9.5ドル×3人と思って現金を用意していたら

運転手さんが合計30ドルと。あれ?高くない?

後からガイドブックやネットで見たら「NZは現金だと端数は切り上げて請求されます、だから現金よりカードがお勧め」

みたいなのがあり、なるほど!あの運転手さんがズルいわけでは無い(笑)

ウェリントン空港に到着 

この日は2024/12/30。クリスマスツリーがあります(フィジーのナンディ空港にもありました)

Photo_20240125081901右はワイン瓶のツリー

手荷物を預け、お土産を買おう!ウェリントン土産を買えるのはここが最後 

この↓ウェリーガール?のキーホルダーがすごく可愛くて

Photo_20240124234701

でもお値段をみると確か15ドル1400円くらい。高い💦

他のものはこれほど高くなく、アーティストの作品値段とか?

迷った末、買いましたが…

この頃思ったのですが、物価がだいたい日本の倍と考えるとしっくりくる

調べるとNZの最低賃金は2000円以上。倍ぐらいの物価でピンとくるのも納得

 

2日前空港に着いた時、mojoというウェリントンで有名なカフェが空港にあるのを覚えていて

フライトは12時、mojoで少し早めの昼ご飯を食べよう!

ウェリントンはコーヒーで有名なので、コーヒーを飲んでいかなくては

これまた絶対現地でいただきたいと思っていたラテアート

Photo_20240124232901 

ベーグルなど軽食と子ども達はスムージー

Photo_20240124233001画像がボケボケ

ジェットスターが遅延になり、ゆっくりランチすることができました

Photo_20240124233301 

↓飛行機から、ニュージーランド航空の機体のデザインはカッコイイ(遠い写真ですみません)

Nz雨が少しちらついています

↓子どもが撮った飛行機からのウェリントン。船がたくさん見えます。NZは個人の持つ船舶数が世界一とか

Photo_20240124233901

オークランドに到着。ウェリントンより暑いです

Photo_20240125082701オークランド空港にもツリー

オークランド市街までの道をグーグルマップで検索すると、色々なルートが出てくるけど

わかりやすいスカイドライブという空港連絡バスにしよう

出発時間の時刻表があるのですが、バスは全然来ない…結構待ちました

後で見たネット記事で「スカイドライブバスは時間通りに来ない」と。そういうものらしいです

Photo_20240125214001 2階建てバスです

到着場所はオークランドの中心部、スカイツリーの横にあるスカイシティというバスターミナルに着きます

ホテルはそのすぐ側です。立地命

バスは国際線ターミナルにも寄ったりなかなか時間がかかりました

スカイタワーが見えてきました 

Photo_20240125214801なんどなくスカイツリーに似ている

今回のホテル、VRオークランドシティ

初めてのアパートメントタイプのホテルです

Vr_20240125215201フロントのお姉さん、優しい人でした

部屋は2ベッドルームの2DK。とっても広いです!

Vr_20240125215901ダイニング

Vr_20240125215902キッチン

またもやキッチン上にお茶がたくさん置いてます。冷蔵庫にはたくさんのガムシロップも

コンロ下には食器洗い機まである

Vr_20240125220301サニタリー

右のタオルのかかっているバーは熱くて乾燥機になっていました。日本ではあまり見ない

左手前にはドラム式洗濯機

Vr1 1つ目のベッドルーム

Vr22つ目のベッドルーム

部屋がやや暑いので ↑こっちのベッドルームの方が窓もあり涼しそうですが(窓にはやはり網戸はありません)

ただ市街地なので車の音とかうるさそう

ベランダもあります。ベランダからの眺め

Vr_20240125221501写真がヘタなのですが、なかなかいい景色

一休みして、行きたいレストランの開店が17時なので、満席で入れないとか面倒くさいから開店時間に合わせて行こうと

Tony's Lord Nelson Restaurant ガイドブックに載っています

Tony大人っぽい雰囲気のお店です

さあ、難敵のメニューですが

Tony_20240125222801

私はラム。NZで羊を食べたい

子ども達はステーキにしたいというのですが

肉もソースも種類がありすぎて難しくはあるのですが、これまでよりかなり解りやすいメニュー表です

そして謎が「これにはご飯とか、パンの主食が付くのか?」

ウェイトレスさんに何度も説明してもらっても、聞き返しても、どうしても私と子どもで理解が違って、どっちかわからない

付け合わせを選ぶのはわかり、私「野菜」(どんなの付くんだろ)次男「サラダ」三男「ポテトフライ」(←またポテトを食べるの!?と少し驚いた)

運ばれてきて

Tony_20240125223601 

ごはんやパンは付かなかった(笑)

でもボリュームがあり、私のラム↓はマッシュポテトが下にあり主食はいらないかな

Tony_20240125223701ベジタブルはブロッコリーと人参のチーズがけでした

Tony_20240125223801次男のステーキとサラダ

次男がガーリックトーストを結局追加。これもチーズをかけるかどうかをウェイトレスさんに聞かれて子どもと私の理解が違いお願いするのに時間がかかり

でも、毎回時間がかかっているのにウェイトレスのお姉さん優しい

Tony_20240125223901onチーズのガーリックトースト

デザートにティラミスとサンデーを頼み、サンデーの方が私たちには美味しかった

Tony_20240125224201 アンティークのオシャレなレジです

飲み物とデザートも付けたので、192ドル、約17000円、物価が倍近くと考えると高くはないと。大満足です

このお店を出るとき、ちょうとこのお店に入る日本人観光客とすれ違い

この旅行、初めて日本人に会いました

フィジーとウェリントンでは日本人に会わなかったので

次にスカイタワーに上ってきます

Photo_20240125225801

入口は地下でした

Photo_20240125225001

入場料が3人で学割があっても119ドル、1万円強

そのくらいになるよねぇ。円安と海外の物価高が身に染みる

入場してすぐ、写真を撮ってくれるサービスが。これって日本の観光地にも有料でよくあるよね、後から受け取りですがどうなんだろ

展望台です、なかなか混んでいます

Photo_20240125230001ビルの量、札幌くらい?

Photo_20240125230101 船がたくさん見える

オークランドで高い所からの風景1回目。全部で4回見ます(笑)

世界の高いビルや塔の看板もありました。第2位にスカイツリーがいます

Photo_20240127140001

スカイタワーは328mでそれほど高くはないかもですが、愛されてる塔と言う感じです

降りて、例の写した写真を選ぶモニター前に案内されます

スタッフさんの英語の説明に 私「有料みたいだから、写真いらないんじゃない」 次男「1枚は無料で2枚目は有料なんじゃない」

次男が強く出て、1枚選ぶことに、そうすると「35ドルです」と

だよねー有料やんけ

次男「ごめん!」と、いや。まあいい思い出ということで

Photo_20240125232901べタな背景合成写真(笑) プリントしてくれるのは嬉しいです

コンビニでAT HOP カードという交通ICカードを買い

明日の朝ごはんを買いにエコバッグ持参でスーパーへ(NZではレジ袋は存在しないそうです)

カウントダウンというスーパー、都市部にあるので小型ではありますが、それでも広い

Photo_20240125231001 画像は撮っていなくて、これはネットから

パン、チーズ、ヨーグルト、お肉、果物、野菜、無人レジで何とか買え、ホテルに戻ります

 

ホテルに戻ってから、明日は1日いないし、セーフティボックス(金庫)を使ってみようかと

あれ?何だかキーが設定できない、あれ?とかやっていると、ピーピー警報音が鳴り始めて

止められない💦 ガイドをみると、音が停まらなくなったらフロントに電話をしてと

子ども達に「余計なことするな!」と怒られ、でもどうしようもなく、フロントに電話

電話で英語はかなり難しいです汗

結局「見に行きます」と部屋までスタッフさんが来てくれました

色々あります💦 

明日は7:30前に集合の唯一予約したツアーに行きます

 

 

« No1996 ニュージーランド旅行記⑤ウェリントン観光 | トップページ | No1998 ニュージーランド旅行記⑦ワイトモ&ホビットツアー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« No1996 ニュージーランド旅行記⑤ウェリントン観光 | トップページ | No1998 ニュージーランド旅行記⑦ワイトモ&ホビットツアー »

フォト

サービス内容

  • 自宅セミナー、整理収納講座、お片づけ相談、収納サービス
    承っております。 お問い合わせは、bibi-samaki★nifty.com(★を@に変えて下さい)まで。        下記メール送信欄よりも送信できます。   お気軽にお問い合わせ下さい。  
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ