« No1995 ニュージーランド旅行記④ニュージーランド入国、ウェリントンへ | トップページ | No1997 ニュージーランド旅行記⑥ウェリントンからオークランドに戻る »

2024年1月26日 (金)

No1996 ニュージーランド旅行記⑤ウェリントン観光

前回に引き続き片づけの話をお休みして、ニュージーランド旅行記です

今日の丸1日はウェリントン観光! 朝イチにトラムに乗ろうなど考えていたのですが

天気が強い霧雨と超強風(;'∀')💦風がブワー!!と吹いて風速何mよ「傘は絶対壊れる」という感じでした

ウェリントンは「ウィンディウェリントン」と言われるくらい風が強くて有名な街とのことですが、身をもって体感

予報では天気は徐々に落ち着きそうなので

まずは大人しく室内に。強風に吹かれながら国立博物館テパパに行きました

Photo_20240123200401なんと無料です

みなさん雨風を避けてか、結構混んでました

Photo_20240123222901 

1階から4階まで展示があります。何故か日本の博物館より展示がどれもオシャレに見える

撮影可なのは戦争ゾーンだけでした

Photo_20240123220701

超巨大な人形がたくさんあります、日本では見ない展示の仕方ですね

 

Volcano(火山)のゾーンでたくさん人が集まって並んでいる場所が

日本でもよくある、地震体験のブースでした、行かなくていいよね?と子どもに聞くと

「行かなくていい、地震は日本の方が上」とのこと。 まあ、そうかもしれない💦

 

テパパを出て天気が少し回復していたので、外観光を決行。バスでビクトリア山に向かいます

Photo_20240123201501バス車窓より。山を上がっていきます

バスを降りて少し歩いて頂上です!街を一望

Photo_20240123214701雲っているウェリントン、雨よりましだねーと

ここからバスで帰るつもりが乗り損ね、少し歩くけど山をくだりつつ、海の方に行くことにしました

トレッキングのような感じになり、森の中を歩くことになり、かえってよかったです

Photo_20240123215101

道にはルートごとのカラーの小さな看板が目印にあり、紫の看板の道をたどって行きます

間違えて進んだ場面もありましたが、グーグルマップがあるので戻れます

2_20240123220301えっ💦と怯むようなこういう場所にもつらッと紫の看板がある、これで正しい道なんだ…

こんな山道、日中とはいえ 治安が悪い国だと、ちょっと怖いですよね。NZはとても治安がいいので日中はまず大丈夫かと

あと、職場の人に教えてもらって知ったのですが、NZには熊がいないそうです。そもそも肉食獣が、蛇もいないそうです

↑北海道なら「熊が出るかも」って思いますよね

海が見えてきました

Photo_20240123215701下りの途中。海が見えてきた

Oriental Bay に着きました

Photo_20240123223201白い砂浜、確か人工の砂浜とか

気温はそこそこあるので寒くはありません。本当は天気がよいと噴水とか見れたはず

2_20240123223301 

「絶対に海には行く」が私の目的だったので、一つ達成

歩いて街まで戻り、遅いお昼ごはんです

行きたい店を決めてなく、適当によさげなカフェへ

Panhed Tory Street というお店へふらりと入ってみました

またメニューが全然わからない。

Photo_20240123224901 これはネット上の画像から

とりあえずわかるハンバーガー2つと、適当にメニューの中で一番お安そうなものを頼みました

説明してくれたんだけど「チーズ」しか聞き取れず、それでいいですと

飲み物をソフトドリンクを子どもの分2つのみ頼んだら

「3人いるのに、2つはおかしいだろう?」と店員さんに強く言われ

カフェ文化で3人で2個しか頼まないのはおかしいらしい

わたしもジントニックを頼みました

Photo_20240123224301右端に写るのがジントニック。とても美味しかったです

運ばれてきたものはポテト付きバーガー2つと、ポテトのチーズ掛けでした

Photo_20240123225801 

ポテトばっかり! 頼むの失敗(沈)

ところがこのポテトのチーズかけがメチャメチャ美味しくて、完食

カロリーはありそうですが、日本でも定番メニューにあってもいいかも

 

ホテルに一度戻って休憩し、第二弾の観光です

駅の方を目指します

Photo_20240123231501 

ただ歩くだけでも街並みがオシャレで楽しい

駅の方には大きなビルが多くなりました

Photo_20240123231701インターコンチネンタルホテル

Photo_20240123231801何のビルかわからないけど、素敵だ

↓ウェリントン駅

Photo_20240123231901

中は閑散としていましたが、素敵でした

鉄道より、バスがメインなんですかね

Photo_20240123232201

少し移動して国会議事堂

Photo_20240123232401 

この丸い建物は名物のようです 

Photo_20240124002301右も国会議事堂の一部のようです 

↓旧政府公邸

Photo_20240124080301

近くに最高裁判所もありました

それでは次に朝行けなかったトラムに向かいます

途中にNTTの名前が入ったビルが

Ntt_20240124080401 とりあえず写真に収める

トラムの駅に着きました

Photo_20240124080901「ようこそ」の日本語も

他に客は家族連れ1組。どこも観光客はいるのですがそれほど混んでいないので快適です

往復チケットを買い乗車

Photo_20240124081201 

途中のトンネルの中は電気がキラキラ光ってます

Photo_20240124081301

坂をどんどん上り

Photo_20240124081501

頂上に到着~ですが、この頃また天気がブワーと荒れてきて

霧で真っ白、暴風霧雨

Photo_20240124082801景色がまた白い

頂上には植物園があるのですが、とても植物を見て回る天候ではない

ふとした看板にSpace Placeの文字が

Spaceって「場所」っていう意味だよね、何か自然の場所なのか?宇宙じゃないの?いや宇宙ではないよねとか言いながら行ってみると

天文台があった「宇宙なんかい!」

看板を見るとプラネタリウムがある

実は私は天文、というか、結構 星が好きで 今回も「南十字星を見なくては、(子どもに)見せなくては」と思っていたのですが

天気が悪いし、サマータイムでいつまでたっても暗くならないし、ホテルは街中なので星は見づらく

じゃあプラネタリウムで南十字星を見よう 復路のトラムもグーグルで調べると2時間後の21時までだし、時間は大丈夫でしょう

渋る子どもを説得して入ることに

プラネタリウムは何時から?と聞くと 2分後と言われ、すごいいいタイミング

プラネタリウム、とてもよかったです! 何だかアトラクションみたい

前半が世界の天文台とかの話ですごい時間が長かったので、これで終わりかな💦 南十字星はナシ?と思ったら

後半ちゃんと星座とか星空のことやってくれました

日本より上映が長時間で、思った以上によかったね!と

 

プラネタリウムの後、すごいたくさんの小学生くらいの子ども達が遊んでいる天文台の展示など見学して

Photo_20240124203601 天体望遠鏡

さあ、そろそろ20時だし帰ろう、とトラムの駅へ。ちょうどトラムが上がってきて

運転手さんが降りて「20時までだから、今日はもうおしまいだよ!」と 

「え!?(Googleの間違い?)私たち乗れないの? 歩いて帰らないとならないのですか?」

「そうだね!」と

ありゃー💦これは大変そう

 

ですが、山からホテルに向かう道がかなりの直線、近道になっていて

復路のチケットは無駄になってしまいましたが

別の道も通ることができたし、かえって良かったかも

Photo_20240124204601下りだから見下ろせる風景

↑画像左に段ボールゴミの塊も見えますが

風が強いのでゴミが飛んでいます

Photo_20240124223501

これ以外にも道に落ちてるゴミの量は日本より多いです

Photo_20240124204701お城のような建物

Photo_20240124204702飛び出してる建物

21時を過ぎて徐々に暗くなってきました

Photo_20240124224001

昨日に引き続き、夜ご飯はニューワールド(大型スーパー)で買って部屋で食べます

宿泊しているホテルはライトアップされてます。若干毒々しい色?w

Photo_20240124224101 すごい色だ

お疲れ様、ビールも買いました 

2_20240124224201普通に美味しいです

そういえば朝、ホテルの他の部屋の清掃が入っていて

清掃の人達は白人さんではなく、アジア系?とかの移民系?の人たちでした(わからないけど)

日本もですが、こういう部分は外国人に頼っているのかなぁと 少し思いました(わからないけど)

明日はオークランドに戻ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« No1995 ニュージーランド旅行記④ニュージーランド入国、ウェリントンへ | トップページ | No1997 ニュージーランド旅行記⑥ウェリントンからオークランドに戻る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« No1995 ニュージーランド旅行記④ニュージーランド入国、ウェリントンへ | トップページ | No1997 ニュージーランド旅行記⑥ウェリントンからオークランドに戻る »

フォト

サービス内容

  • 自宅セミナー、整理収納講座、お片づけ相談、収納サービス
    承っております。 お問い合わせは、bibi-samaki★nifty.com(★を@に変えて下さい)まで。        下記メール送信欄よりも送信できます。   お気軽にお問い合わせ下さい。  
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ