« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月20日 (水)

No1990 高校生の男子部屋、三男の部屋の机を変える

もう半年くらい前の話なのですが

次男が4月に進学で家を出て、机が空いたので

高1三男の部屋に移しました

それまでの三男の机というのは

Photo_20240115081401

揃いのサイズのスチールラックを2台並べて、1台を机に

これはこれで、コンパクトで収納力抜群で

私はなかなか気に入っていました

 

以前のアパート暮らしの時は次男の机はこれで過ごしましたし

Photo_20240115083101

狭い家にはお勧めです

でもまあ、勉強スペースは狭いし、スチールラックの金属部分が身体に触れると「冷た!」となるし、やはりガタガタするし

快適ではない

机を移動しました

Photo_20240116205801 

これまで 45×90cmだった机の面積が60×120cmになり、それは広くなりました

工夫したのは右のテレビの上

テレビ台に覆いかぶさるようにスチールラックを組立て、上の部分をフラットに机の延長のようにしました

Photo_20240116221501

かなり作業スペースが広くなりました

勉強してもらわないと(笑)

左のスチールラックは幅60cm高さ120cm、上から着替え、パジャマ置き場、教科書類、一番下は学校で使うタブレット置き場、充電もできます。私に出すプリントもここが一時置き

Photo_20240116222401 

このスチールラックに、三男の必要な物、全て(笑)

 

机の引き出しの一つは、得意の紙ごみ入れ場にしました

Photo_20240117082801 

一等席にゴミ箱、お勧めです

 

ちなみにベッドは三男の意向で撤去しました

Photo_20240116222701 

空いている次男の部屋で寝ています

勉強していてもベッドがあると誘惑に負けて横になってしまう」という理由(だよねー)

クローゼット側はこんな感じ

Photo_20240116223101

 

私はたまに「中高生男子の部屋」と検索してみて、真似できる素敵な実用性の高い部屋がないかと探すのですが

オシャレすぎたり、普通はこんなに物、少なくないでしょ、と思う画像が多く

あまり参考になる画像が出てこない

なので提供w

ウチの三男も物がかなり少ない方なので、あまり参考にならないかもしれませんが💦

今後また変化していくと思いますので、また紹介したいと思います

2023年12月18日 (月)

No1989 シール剥がし

掃除で汚れを落とす時、水拭き、アクリルタワシで擦る、メラニンスポンジで擦る、酸、アルカリを使う、漂白、アルコール、etc…とやってますが

私の掃除活躍アイテムの一つに シール剥がし剤があります

ラベルやテープの剥がし跡にはもちろん、染色系の汚れにも効き、なかなか活躍します
 

ホームセンターに行けばシール剥がし剤は種類がたくさんあり、成分も結構違います

どれを選んでよいのやら

中にはものすごい匂いがキツいものも

今、リピで使っているのがコレ

Photo_20231214081101 快心の商品ではないのですが

ジェル状なので広範囲の塗布は得意ではないのですが、匂いもきつくなく、落ちも悪くないです

以前、勤めていたパート先で使っていたシール剥がし剤がすごくよかったのですが、商品名を覚えていない

いつか巡り合えたら、紹介します

 

剥がし跡を見つけた時、水や洗剤で擦っても 絶対自然に消えないので

剥がし剤の登場ですが

なかなか作業が手間だから、「そのうちやろう」と思ってしまいがちですが

毎回そこを見た時 必ずストレスなるので

気づいた時にするようにしています

誰かほめて(笑)

 

先日タッパーに付いていた剥がし跡

Photo_20231205080801

Photo_20231208081301 わかりずらいですね💦

剥がしました

Photo_20231205080802

塗って少し養生して、ヘラで擦ります

Photo_20231205080803  

ツルンと、とってキレイになると快感です

でも「あ、まだここ取れてない💦」と取り残しがあることも よくあり

もう一度やります

繰り返しやる私を 誰かほめて(笑)と思ってやります

 

まあでも、シール剥がし剤を使う作業は面倒なので

ラベルシールを剥がすときは、極力丁寧に、ドライヤーや手で気持ち温めてゆっくり剥がします

 

色々な剥がし跡、シール剥がし剤で落としやすいのは

テプラの剥がし跡

今はキレイに剥がれるものが多いですが、以前のテプラやラベルライターのシールは、剥がし跡が残りました

これ、シール剥がし剤でサッととれます

 

反対にシール剥がし剤でも とっても剥がしづらいもの

布ガムテープの劣化したものも、なかなか強敵ですが

もっと歯が立たないのは 時間が経って劣化したビニールテープの剥がし跡

Photo_20231214081501

これ、強敵

短時間なら、比較的きれいに剥がせるのですが

長期間経った後は変質してしまい、剥がし跡がガッチリ固く残こり、私では太刀打ちできない危険なヤツです

  

シール剥がし剤と、剥がし跡の格闘うんちくでした

2023年12月12日 (火)

No1988 インデックス目的のフォトブックを作ってみた

写真整理アドバイザー上級の私

我が家の写真が完璧に整理できているかというと

できていないのです爆

そもそも写真整理は「完璧にするのは無理、いや、もとい、かなり難しい」というのが、私の見識

私の写真セミナーでも 「写真整理のコツの一つは『完璧を目指さない』こと」と発信してます

 

ウチの家族の写真は

・デジタルフォトアルバム『おもいでばこ』に全て入っている(紙焼き写真は頑張ってスキャンしてデジタル化したんです)

グーグルフォトの写真閲覧用としている1つのアカウントにも 無料だった2021年までの全ての写真が入っていて、以降はお気に入りの写真が入っている(外でも見れる)

プリント写真は、最近の写真を飾るのとアルバム2冊に、それ以前のは衣装ケース

という状態です

これでも十分整理されている方かもしれませんが

しかし、たまにこういう会話が

 

三男「美瑛の青い池に行ってみたい

私「行ったことあるよ

三男「いつ?」

いつだろう?と、写真を探すのですが

おもいでばこもグーグルフォトも、大量に写真を入れてるので見つけるのが大変で

「パッと」見たい写真が見つけられるよう

インデックスのようなフォトブックがあればいいかも、と思うようになり

この度、作りました

 

作ったフォトブック

6_20231210182001

我が家は美幌町に7年、岩見沢に11年住んでいたので

上段①②2冊は美幌時代、下段③~⑥は岩見沢時代で4冊、作りました

(岩見沢時代が冊数が多いのは子ども達が小学生で「家族行動の真っ盛り」で よく出かけていたので写真が多い)

フォトブックはセミナーでお見せするのにも使えるので、色々なパターンで作ってみました

  

全て自動レイアウト機能(撮影日時準で並べてくれる)があり、1ページのコマ数がインデックスのように多く設定されるものを見繕ってみましたが

どれがよかったか、というと一長一短で

・背表紙文字入れの有無

・表紙の編集の有無

・写真に日付が入るかどうか

・フォトブックのコマの形が真四角か、長方形か

・画質(写真っぽい、印刷っぽい)

・フォトブック自体のコンパクトさ、見やすさ、重厚感、保存性、

・作成時の操作性

・値段

などなど

どれがよいと思うかは、その人の好みに、かなりよるなぁ

私の希望は、背表紙、表紙に文字入れできて、写真に日付が入り、長方形のコマで、薄くて軽いモノ がいいのですが

今回すべて叶うものはないのです(残念☆あったら教えてください)

 

中味です 

①フジフィルム イヤーアルバム 

これは以前のブログで紹介してるので割愛します(No1970 イヤーアルバムを作ってみました

②フジフィルム フォトジン・スリム

Photo_20231210183004

③フジフィルム フォトジン・ブックタイプ

Photo_20231210183002

④マイブック オートアルバム(A4、ソフトカバー)

A4_20231210183001

⑤ビビプリ

Photo_20231210183001

⑥マイブック オートアルバム(A5、ハードカバー)

B5

  

背表紙や表紙がないフォトブックは不便なので、ラベルライターで貼り付けました

Photo_20231210183301 

やっぱりフォトブックの良さはコンパクトなこと!

計18年分がこの厚さ・・スバラシイ

 

今回はインデックスとしての役割が主のフォトブックなので「1イベントにフックとなる写真を1枚」という基準で選びました

大変だったのは枚数です

載せたい写真を選び、280枚あったとします

例えば1ページに8枚の写真が載るレイアウトで34ページだと272枚の写真、36ページだと288枚の写真

コマ数ピッタリに入れたいから 増やしたり減らしたり枚数を合わせるのが大変

ピッタリじゃなく空きコマがあってもいい、とすれば楽になると思います

 

美瑛の青い池の写真、フォトブックにありました

Photo_20231211082901  

私「三男が小1の時、行ってるよ」

三男「覚えているわけないじゃん

(末っ子は連れて行ったことを覚えていない、あるあるですね)

青い池の写真をもっとじっくり見たいとなれば、おもいでばこやグーグルフォトの相当する日時のところを見ればいい

Photo_20231211082902 このへん、美瑛

Photo_20231211082903 青い池

  

これらインデックスタイプ用途のフォトブック、アルバムとしても勿論楽しめますし 選択肢の一つにいかがでしょう?

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

フォト

サービス内容

  • 自宅セミナー、整理収納講座、お片づけ相談、収納サービス
    承っております。 お問い合わせは、bibi-samaki★nifty.com(★を@に変えて下さい)まで。        下記メール送信欄よりも送信できます。   お気軽にお問い合わせ下さい。  
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ