« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

No1719 子どもの名前が記入してあるポチ袋

買い物をしてて、ふとお年玉を入れるポチ袋が目に留まりました

今年の分、あったっけ?

買おうかな?

…でも、あったかもしれない、自信ないな

在庫を確認してからだ

と、思って

家に帰って見てみると

Photo_20191226232601

(↑衣装ケースを本入れにしています)

Photo_20191226232701

(↑封筒類は昔は引き出しに入れていたけど、今はケースに降格)

1つ出てきた

あれ?まだ出てくる

Photo_20191226232901

たくさんあった(;^_^A 買わなくてよかった

3種類の柄が出てきた

ポチ袋は例年使い切ることがないので 、干支が関係ないものを買います

ん?そして

Photo_20191226233101

子ども3人の名前が既に書いてあるポチ袋が

なんだこれ

あ!そういえば、ポチ袋を渡して一瞬でお役目ごめんになるのが、勿体ないから

回収して、来年も使おうと思っていたんだ

完全に忘れていた

そして「そういえばこのネタ、ブログに書いたんだ」と、思い出した(;'∀')(No1591 ポチ袋の再利用

ブログにも書いているのに 忘れているなんて( ̄▽ ̄;)

 

新しいことをやってみると

結構な確率で 忘れます

以前も、、

・このノートにイイなと思う不動産(家、土地)の切り抜きを貼ろう とやって

後日そのノートを見た時「なんだこれ?」と見たら、1枚だけ家の切り抜きが貼ってあった とか(ああ、そういえば)

・夫が使ってるパソコンソフトの一太郎のDVDを「このDVDケースにいれよう」と決めたのを忘れて

数か月後、夫のパソコン修理でバックアップの話をしていた時、そういえば一太郎のDVDどこにあるんだろう?(ヤバッ迷子だ)と思って

数か月後、たまたま整理してて「このDVDケースに何が入っているんだろう」と思って開けたら

一太郎のDVDが入っていた、とか(ああ、そういえば)

  

新しく物の置き場を決めたら 結構大抵忘れます

忘れて、別の場所にまた置き場を作ったりもする(-_-;)

 

でも大抵、2回目見れば

「ああ!そういえば、ここに入れることにしたんだ」というのを2,3回繰り返せば忘れないので

新しい置き場を作った時

再び見るという確率が上がるように

しまい込まない

あと

物を持ちすぎない(物が多いと見切れません)

物が少なくて しまい込まなければ 1年間で全部の持ち物を、手にして 目にする という確率が上がりますから

そういえばここに入れることにしたんだ と確認できます

2019年12月28日 (土)

No1718 キョクサンさんのモックル個別回収が終わる

札幌と旭川で古着や雑貨などを自宅まで個別回収をしているキョクサンさんの「モックル」というリサイクル事業

2019年12月をもって個別回収を終了すると、HPにありました

えぇ~!そうなんですね

11月に手放し先講座を行った時にはそんな告知はなかったので、紹介していたのですが💦

↓11月のキョクサンさんのHPの回収品目の載っていたページ(今はないですー)

Photo_20191228114801

古着のリサイクルは色々な場所でやっていますが

布団、食器、特に雑貨の回収はとてもありがたいなぁと思っていたので

ちなみにコープさっぽろの「トドック」で回収している古着も、キョクサンさんに回しているそうです(北海道新聞に載っていまいした)

 

もう数年前になりますが、 旭川と札幌で回収しているなら、間にある岩見沢に寄ってくれないものかと

問合せメールをしたことがあり

その際、キョクサンさんのカンボジアの回収部門の方からとてもとても丁寧な返事をいただきました

コピペはできないのですが内容は

・カンボジアで選別工場と小売店舗を経営されている

・全道各地から回収の問い合わせが来ていて、その時期は全道展開も考慮はしていたとのこと

・でも運賃(運送業界の人件費)の上昇で運賃が原価の半分以上を占めていてコストが割に合わなくなってしまっている

・今後、就労支援施設に回収も委託し運賃面の解決、仕事の創出という形の取り組みを展開したい

・キョクサンさんのリサイクルの取り組みをスライドなどで発表するという取り組みも徐々に始まっている

などといただきました(感謝感激涙!)

 

でも、回収終了…

やはり利益が出にくい流れになっているのでしょうね

私の所属している「片づけジョーズ」でお世話になっているで回収をお願いしている業者さんも、カンボジアでのリサイクルショップを持っているのですが、展開がうまくいかなくなってきたのか

体制の見直しになるみたいで…

 

それで、思ったことは私達消費者が

買って使わなくなっても、ゴミにしないで 回すところがあるからいい(ゴミにするよりはいいけど)

ではなくて

やはり基本に戻って

・すぐゴミになってしまうようなものは家に入れない

・一度家に入れたならとことん使う、長く使う

そんなスタンスで、消費生活を行うのが大事だなと、改めて思いました

 

2019年12月26日 (木)

No1717 その他が増える

整理収納アドバイザーになって色々なステップアップのセミナーを受けたり、勉強会があったり

資料が1つ増え、1つ増え

分類をせず「整理収納テキスト」と書いているファイルボックスにの「その他」として入れていたら

Photo_20191225162501

その他が増えて、2/3

Photo_20191225162701

こうなってくると、もちろん

「あれ、あの資料どこだろう?、この中にあるはずだけど」と

探し物が発生します

 

しばらくそのまま使っていたのですが

いい加減、イチイチ探すのが面倒で、分類分けをすることに

まずは「全部出す」で、全部出したら、下に沈んでいた資料や、他の資料のページに挟まっていたものあった(;'∀')

あるある です

仕分けします

Photo_20191226225201

仲間っぽいものでまとめて

P1070029

また一番奥に「他」というフォルダーがあります

 

「その他」という収納場所を作るのは、上記のようなことが起こるからよくないともいうのですが

私は「その他」があると便利なので まず「その他」から始めて

「その他」が多くなって不便になったら 「じゃあ分類」とやっています

「その他」があるのに、次の「その他」を作らないのが、ポイントです

 

 

 

 

 

 

2019年12月24日 (火)

No1716 スティックの和風だし

コンソメと鶏がらスープの素、時々使います

100均のスティック状のものが私にとって適量サイズで、好んで買っています

(コンソメは固形の方が味が好きなのですが、顆粒のスティック状のものが使いやすくて)

これと同じスティック状のダシの素を使っていて

この3つを仲間にして同じ扱いをしています

↓こちらは、未開封のストック

Photo_20191224225501

 

開封済みの中途半端のモノをどう収納しているかというと

Photo_20191224225601

折りたたんで(洗濯バサミつけたり付けなかったり)

パック調味料と一緒にミニタッパーの中に入れて

Photo_20191224225701

冷蔵庫のポケット部分に入れてました

Photo_20191224225801

それで、時々こういうことをやってしまっていた

2_20191224225901

中が見づらくて、和風ダシがないと思って新しいものを開封したら、開封済みのものがあった

鶏ガラスープの素やコンソメも時々こういうことをやっていて、使いかけが2個あるという状態に

これはいかんなぁ

それで、収納を変えました

Photo_20191224230201

洗濯バサミで吊るす

これなら見づらいとかありません

 

でも…

Photo_20191224230301遠目で見ると

ダッサイ

吊るさない方がスッキリしている

でも・・・

 

間違いや失敗が起こるようなら、見た目よりも 使いやすさ、わかりやすさを優先させた方がいい

ダサくても、見える収納

 

片づけが苦手な人は特に

見せない収納、美しい収納を、最初から目指すのではなく

散らかりや二度買いなどの失敗が起こっているなら 

「全部見える収納で、全部出てる」とか、やりすぎはよくないのですが(美観はある程度大事なので)

ある程度、見える収納にして、どこに何があるかわかりやすくするのが

おススメです

 

2019年12月22日 (日)

No1715 PTA研修バスツアーの後、家に帰ってから

私は次男の中学校のPTA部会の役員で(三男の小学校では学級代表もしている(;^_^A)

市内の各小中学校から一人ずつ集まり勉強会や見回りなどをする〇〇モニターというものをやっています 

2か月前に研修バスツアーがありました

午前から出発し、岩見沢に16時頃帰ってくるタイムスケジュール

楽しく、為になる研修でしたが、やはり疲れも

帰りのバスの中で、なかなかフルタイムに近い時間でパートをしているという隣の方とおしゃべりで

私「岩見沢に帰ってきちゃったね、家に着いたら、ごはん支度しなきゃだね」

と言ったら

隣の方「家についたら 座らないんだよ。絶対座らないで、そのまま家事をするようにしている」

とのような お言葉

すごいー!!! さすがぁー!!

さすが 働くお母さんだ!

いやぁー これが働くお母さんだ

感動の涙

 

帰ったら

そのままキッチン直行 

それがコツ

なるほど!

一休みしたら、必ず

ついついダラダラして時間がたってしまい、時間が押してしまう

やらなきゃいけないことができない  

真似しようと思います

 

働くお母さんは、本当に忙しい(男はいいよね)

でも家を片づけたら、少し家事が楽になっていきます

働くお母さんが少しでも楽になるように、整理収納を広めていきたい

2019年12月20日 (金)

No1714 狭い家の布団

先日コープ講座で行った 防災セミナーの中で

「寝室は優先的に安全な場所にするようにしてます、我が家では物をなるべく置かないようにしています」と

スライドをお見せしたら

Photo_20191218203101 窓側

Photo_20191218203102 クローゼット側

そして、狭いので布団3枚敷くと、いっぱいになり、実は奥の子が本が落ちてくる状態なんですと

次のスライドをお見せすると

Bokasi 少し恥ずかしいからぼかす

受講者様、皆さんから

「先生! この布団、どこに入っているんですか?!!」

あれ?そこ?

そこに反応?💦

ということが、セミナーをしていると 度々あります

画面中央のクロゼットに入っています

押入れくらいの奥行きがあるのです

 

そうか、確かに、3人分の布団がここに全部入るの!?って思われるかもしれない

私は公宅時代から、布団選びはかなり、厳しくやっています

だって、押し入れに入らないと困るから

 

気を付けていたことは

・マットレスは厚いものは選ばない 理想は3cm

3cm 布団屋さんから買った厚さ3m強のマットレス、固くてお気に入り 

厚さ6cmとか平気で書いてあるマットレスがあるけど、我が家ではとんでもない~

・敷布団も厚いのを選ばない そして長さも190cmが理想

数年前、敷布団を買うことになり、シングルロングサイズとか言う195cm~200cmのモノがよく売られていて

5cmの差でも狭い家には厳しい、布団と壁の間の隙間がなくなる💦

ジュニア用なども かなり探したけど、でも短めは getならずでした😖(結局195cmを買い、今は夫が単身先で使っている)

・羽毛布団は かさ張るから ナシ(これは先日ブログに書きました)

・布団を増やす代わりに 寝袋を掛け布団代わりにする

などやっています

 

押し入れに、普段の3人と、夫が帰省した時で 計4人分入っています

Photo_20191218205001

少し恥ずかしいから、またぼかして(o^―^o)

夫が来た時は冬は全ての布団を使います

Photo_20200106233901 下にあるのはスノコの上に敷いてあるホコリ除けの古シーツのみ 

 

収納しやすい布団というのを検索しても、「いや、そうでもない」というのが多く

本当のコンパクトさをウリにする布団も台頭してほしい

来春一戸建てなので、この悩みとサヨナラするのが少し寂しいw

 

2019年12月18日 (水)

No1713 卒業証書の筒

江別の家の 「実家から引き揚げてきたもの」 の片づけで

卒業証書類

Photo_20191218200301

これ、とても収納がしづらく

どこかの隙間にといっても、丸いし、転がるし

これを入れる箱やケースを用意する? えー、わざわざ!?

というわけで

筒を処分することにしまして

 

中身の証書だけ、子供の絵を入れる作品袋と同じ袋あるので、それに入れることにしました

高校は筒より収納しやすい台紙に入っていたけど

それでも、、台紙も結構厚くてかさばるので処分することに

Photo_20191218200001

中味だけ こちらに

Photo_20191218200601

筒に入っていたから、丸まるので、数日重石をしていたけどまだ丸まっている

Photo_20191218200602

子どもの絵や賞状など入っている作品袋と一緒に保管します

Photo_20191218201101 これは次男の作品袋

 

筒を捨てる前に、長男と次男に 北海道大学の筒を見せてみた

Photo_20191218201401

「ねえねえ、一応 北海道大学(水産学部だけど)。筒がでかいよね」

「おぉー」

捨てようとすると

長男が「(話のタネに)友達に見せるから 一応とっておいて」

うーん

長男の生活を見てて、たぶん友達に見せる機会がないと思われるのだけど(一体いつになるのか)

 

捨てるのが苦手な人、我が家だと夫と長男に

自分の捨てるつもりの私物を見せない方がいい

「俺が貰う」 とか 捨てるのにストップがかかる可能性が高い

自分の私物は、捨てる権利も自分にあるはず だから こっそり

 

 

2019年12月16日 (月)

No1712 空いている空間とざっくりボックス

単身赴任の夫が帰ってきて、冬ものジャンバーなど買い物をしてきました

それで、単身先に持ち帰るまで

Photo_20191216193001

床置き~

狭いアパートだと、こういう「ちょっと買い物してきたモノ」ですら、正直、家の中に受け止めるのが大変

え、狭くなくても、こうなってますか?(;^_^A

 

でも、こういうことが往々に起こるので、受け止める場所を作っています

Photo_20191216193901

空いている空間

ここに買い物袋をそのまま置いてもいいのですが

Photo_20191216194001

古堅純子先生イチ押しの ざっくりボックス

普段はペタンコの状態で収納されていて

ワンタッチで組み立てて

Photo_20191216194101

これに収納します

Photo_20191216194102

 

空いている空間と

空いている入れ物があれば

突如入ってきたモノに対応できて

すごく楽です

 

 

 

2019年12月14日 (土)

No1711 2019年度月イチのコープ講座の様子

春から月1回で開催してますコープさっぽろ岩見沢南文化教室

先日、12月講座を行いました。テーマは「防災と片づけ」

↓全然わかりにくいのですが、私、地域防災マスターの腕章をしております

Photo_20191214210501  画像は受講者様に写していただきました

現在、5名様に受講していただいています 

月1回とは言え、毎回顔を合わせていると、仲良くなってきて 

人数が多くないのもあり、和気あいあいとおしゃべりしながら行っています

 

今回は 安全な場所の確保や、備蓄品の置き場を確保には片づけが有効で、その事例のお話しの他に

私の実際準備している持ち出し袋(ポシェット)を見ていただいたり

実際に使ってみた防災グッツのいいところ、良くなかったところなども

皆さんでわいわいシェアいたしました

 

よい受講者に恵まれ、毎回楽しく開催させていただいています

途中からの参加も大歓迎ですので、お申込みまだまだ募集中です

是非みなさんで学びあいましょう!

2019年12月12日 (木)

No1710 雑誌に付いていた冊子のレシピ

台所のファイルボックスにレシピを入れていますが

Photo_20191211160601

この中の一部に 雑誌に付いてきた料理レシピの冊子が5冊入っています

雑誌は滅多に買わないのですが、この時期はカレンダー欲しさに「サンキュ12月号」を買います

↓下段2つが今回のサンキュについてきた冊子です

Photo_20191211160701  

ふと上段3冊も何の雑誌に付いてきていたんだろうと見てみると

なんと全部サンキュ12月号の付録品だった

Photo_20191211161001

我ながら…苦笑い

3年前のモノがあるなんて

なんとなく、捨てられず 気づいたらこうなっていたの図

一見、コレクションをしているようだ 

 

ちょこちょこ、各冊子1/4くらいのレシピは作っています

レシピの私の管理法は とっても美味しかったものは、切り抜いてスクラップ

イマイチだったものは処分なのですが

この冊子は「まあ、普通・・・」というものが、ほとんどで

そういうレシピは 切るのも、捨てるのも、ためらう💧

  

こういうモノこそ scansnapでスキャンでデータ化だ!と言いたいところですが

レシピに関してはそこまでしたくない、と思っていて

(紙ベースで枠の範囲の量にしたい)

 

それで、「普通」というものは、やはり処分の方向に

そして、冊子を無くしていくべく、まだ作ったことのないレシピを作る際には、ハサミを入れて切ってしまおう!

Photo_20191211161701

ポイントは、裏表に情報があるので、どちらかを諦めること(笑)

 

カレンダー目的で雑誌を買っているので、レシピ本は見ないで捨てるでもいいのですが(売ってたら買わない)

家に入れちゃうと、手元に来ちゃうと

情報を見ないで捨てるのが 損しているような気がしてしまう

家に余分なものを入れるのは 苦しみの始まりですw

2019年12月10日 (火)

No1709 高校時代のアルバム片づけ

実家から持ってきた私の小学~結婚までのアルバム

Photo_20191208170101 20冊以上ある~ 

実家に置いてあったときは「ま、いいか」というのと

せっかくの写真、名残惜しい、なかなか処分はためらうよねと感じて

そのままにしていたけど(約18年間も) 

手元に来ると、その量にホントにげんなりして

さっさと整理しよう」と思い

片づけることに

(身勝手だ( ̄▽ ̄;))

 

夫の単身先の家から、とりあえず5冊ほど岩見沢の家に持ち帰り

「いいな」という写真をアルバムから剥がして、残った写真とアルバムは処分しよう

Photo_20191210215301 中学時代のアルバム 

高校時代のアルバムも剥がしていたら

ふと、関西に行った修学旅行の写真が出てきて

Photo_20191210220201

そういえば10月に長男が修学旅行で関西に行ったばかり

「ねえねえ、約30年前の京都だよ」と長男に見せてみました

定番の奈良公園の写真、30年前と長男が行った今の写真を比べて「シカが昔の方がでかい」

 

長男「昭和感が半端ない」

いや、平成2年のはず

清水寺、法隆寺なども見比べて

しばし一人でそのアルバムを見る長男

 

やっぱり、昔のアルバムがあったら見るんだなぁ

バラ写真より、アルバムに入っている方が見やすい。とっておいてもよいのだろうか・・・

などと考えていたら、長男がアルバムを見るのをやめ

 

見てたら、気持ち悪くなってきた

確かに、親の青春時代とか 見るのは 結構微妙だ

 

いい写真を剥がしてコンパクトにしておくに決定

 

剥がし終えた20年以上は置いてあったアルバムを、燃えるゴミ袋に

Photo_20191210220301

ゴミステーションまで運ぶのが重かった、まだこの4倍くらいある~

 

今回、自分の中学~高校のアルバムを見返したわけですが

「あの頃より、今の方が、楽しい」

と、思います

私は あまり中学、高校とすごい楽しい とかでは なかったのと

今の自分の方が好きなので

そう思える人は、写真を手放すのもそれほど苦じゃないかも

 

2019年12月 8日 (日)

No1708 既存の仕切りをやめる

購入した江別のお家の 各部屋にある収納スペースの多くが

奥行約80cm(押入れと同じ奥行ですね)

洋服掛けのバーが手前についていて、奥に奥行30cmの棚が付いている、という形

これは次男の部屋になる予定の部屋のクロゼット↓

Photo_20191208163701  

「洋服を手前にかけて、奥に物を置く」

そう使うなら、これはこれでいいのですが

このレイアウトで収納力があるかというと、そうでもない

前回の実家から持ってきた↓左側の荷物を

Photo_20191204232101

奥のクロゼットに既存の仕切りのまま 入れたのですが

Photo_20191208164001

全然入らない

しかも棚には本やアルバムなど重い物を入れると歪む様子

というわけで、重い物を入れる場合で収納力が必要なら 便利なスチールラック

前の住人さんが置いていった 幅90奥行45高さ150のスチールラックがあったので

奥にある30㎝の棚を外して、スチールラックを入れました

Photo_20191208164401

ものすごい入る

重いモノも ガッポリ入りましたでぇ~

  

既存の仕切りって「収納力がない」ということが 地味に多々あるので

勿体ないけど別の収納に差し替える ということは 片付け作業でもよくやります

スチールラックは見た目があまりよろしくないけど、やはり収納力があるので、便利です

 

そして実家から持ってきた私のアルバム

Photo_20191208170101

これ全部、私の私物

かなりの量

この整理について また次回

2019年12月 5日 (木)

No1707 実家に置いていたもの

結婚して実家を出てかれこれ18年間、我が家はずっと狭い公宅とアパート暮らしで

「やってはいけない」なのですが

私のモノと、夫のモノを広い私の実家に 置かせてもらっていました💦💨〰
 

実家に自分たちの私物を置く

「やってはいけない」なのですが

以前、おそらく60代?の受講者さまのお言葉で

「家に息子の物が置いてあるけど、今はアパート暮らしだから、ダメというのは気の毒で、置かせてあげるのは良しとしている」と

神!!のお言葉を

私もその受講者さんの言葉にあやかり!?親に甘えていました

なるべく整理して少なくコンパクトに常に整頓して置くようにはしていましたが

そのおかげで5人家族で狭い家(安い家賃)で暮らせることができ、貯金も増えました

 

今年

春に中古の家を買ったので

秋にその中古の家のリフォームが終わった後

実家の(たぶん)10畳間の壁1面に大型本棚とチェストとミニ食器棚に入っいた私たちのモノ、物置にあった夫の私物も 

全て夫と二人で引き上げてきました

2世帯の実家の母と弟家族は、スッキリ!!と感じているに違いない

ステップワゴンに載る量でしたが

なかなかの量

ちゃんと画像を撮らなかったのですが

左側にあるのが持ってきた荷物が入った段ボールの一部

右の食器棚も実家からそのまま持ってモノ。飾り棚として夫の趣味の物が入っています。

Photo_20191204232101

実家に置いてあったモノ

夫のモノは本と趣味のモノがほとんどで

私のモノは

・私の小学校、中学校、高校、大学、社会人、協力隊、夫と付き合っていたころ、結婚するまでの台紙アルバム。結婚式の台紙写真5部、台紙アルバム2冊。私の小、中、高、大学の卒業アルバム。子供上2人が赤ちゃんの時の1冊目のアルバム(三男のは作っていない)全部で20冊くらいある。

・青年海外協力隊の時、タンザニアで買ってきた絵、太鼓、置物、カンガという布(これでも半分くらい減らしたけどまだまだある)

↑上記は全く片づけとか整理という概念がない頃に増やしたもの。写した写真をほぼ全てアルバムに貼っていた結末。

・結婚してから子供に買ったぬいぐるみ、ディズニーランドで買った被るぬいぐるみ含む、120サイズの段ボール1つ分

・子供の幼稚園からの卒業証書。私の卒業証書も

それで

改めて、思ったことは

多いな

邪魔だなって

実家に置いてあるときはそう思わなかったけど

自分の家に置くと

邪魔だな・・って

人の家に置いてあるときはそうは思っていなかったのに

なんてやつ

ツッコミが入るところです

 

実家に物を置くことって

「自分に甘い、親に甘えている」を

思いっきり体現している行為だなぁーって思いました

 

2019年12月 3日 (火)

No1706 アルバム大使の交流会で

昨年、アルバム大使を一応取得させていただいた私(ブログ記事No1428 アルバム大使に

でもアルバム大使としては、活動しておらず😅 自分自身で作るのと、写真整理のセミナーの際にちょいその話題を出すくらいなのですが

そんな私ですが 先日、マスター大使の佐藤玲子さん(岩見沢在住)が企画して下さった「アルバム大使交流会」に、参加してまいりました

 

主な内容が「ほめ写」という今売り出し中のプロジェクトの説明と(私は監修の親野智可等さんの結構ファン)

いつものように写真をコラージュ(デコレーション)するアルバム作りの時間も20分ほどあり

みんなでワイワイ話しながら、楽しく作りました

78053924_2391848071067429_59653640268451  

みんなで作品を持って撮影♪

 

思ったことは

作るのって、やっぱり 楽しいんですねー 

だのじいー

モノを作るのって楽しい

片づけのセミナーは、「作る」の反対を伝えるので

片づけは「作る」の逆の 「捨てる」「減らす」がやはりメインで

「後始末する」とか

私が、あるある話で笑っちゃうトークでセミナーでお伝えしても

やはり、お片づけセミナー、整理収納講座というのは

「作る」セミナーに比べると 

何だか暗い… と

感じずにはいられない(-_-;)

片付けのセミナーじゃ、家に帰ってから、各自コツコツ頑張れ!みたいな感じになってしまうので、、やはり暗い

何かを作るセミナーの方が 楽しいから人が集まるよね 

 

でも、何かを作るよりも

実は、片づける方が、そっちの方が 実は大事!!とも

同時に感じた

作ることより、片付けしないと 家がヤバイ という場合の方が

多いのでは

作るのもよいけど、片づけの方が、大事かもー!?という人も少なくないはずだ

そう思って片づけセミナーの集客も頑張らなくては と思いました 

2019年12月 1日 (日)

No1705 ファイリングセミナー岩見沢

2019/11/29に、岩見沢生涯学習センターいわなび 様の会場をお借りして

「お家の書類、スッキリわかりやすく 

書類管理を楽にする ファイリングセミナー」を行いました 

Photo_20191015165701   

師走も近づく11月の末に、金曜の14時からという中途半端な時間でしたが

ご参加していただいた皆様、ありがとうございます!

Photo_20191201110601

(↑準備中の画像、自主開催なので、講座風景は撮れず~)

     

皆様のお悩み

・自分で調べた情報のストックやファイルしたものがたくさんあり、良い方法があれば知りたいです

・新聞、雑誌の切り抜きの始末に困っています

・新聞、雑誌の切り抜きの整理、分類しているがどんどん増えていく!、旅行の後の始末の仕方

・分類の仕方を教わり、スッキリと棚に収めたい

などなど(うんうん)

そして、ここに挙げていない書類以外のお悩みもいただきましたが

こんなお声も

・以前から関心がありましたが、岩見沢で行われるのでありがたかったです。それで是非受けたいと思いました(札幌遠いので

 

そう思って、ご参加いただけると、企画した甲斐があります!

皆様の問題点を解決すべく

・書類の要不要の線引きのアドバイス

・お勧めのファイル法、フォルダーファイリング 

などなど

お伝えしました

 

いただいた講座の感想です

・フォルダーファイリング、いいですね。さっそく買いたいです(ホーマック覗いてみます)

生命保険の冊子などもかなり場所を取っているので減らしたいたいです。

切り抜きも整理してフォルダーファイルに収めたいです。

マスキングテープも使いたいです。

あっという間の2時間で楽しかったです。

私もレシピの切り抜きを整理したいです

 

この方法を真剣に考えようと思いました。片づけに関心があり、今後学びたく思い続けたいです。

 

・紙類が増える中、片づけ方の参考になりました。同じくらいのお子さんを持つ先生の話はとても具体的でわかりやすかったです。ありがとうございました。

 

・分類分けが一番良いと分かったので良かった。せっかく受けた講座にてあとは時間を見て自分なりに整理したい

 

・実際にフォルダーなどを見せてもらったので、買ってやってみたいなと思いました。分類の例、大変参考になりました。ありがとうございました。

 

・どのようにしたらいいという方向が分かったのように思われます。がんばってみます

 

みなさん、あたたかいご感想ありがとうございました!

こんなに、あたたかいお言葉をいただけると

来春引っ越しをしても、年数回は岩見沢でも定期で講座を企画したいな~と

またよろしくお願いいたします。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

フォト

サービス内容

  • 自宅セミナー、整理収納講座、お片づけ相談、収納サービス
    承っております。 お問い合わせは、bibi-samaki★nifty.com(★を@に変えて下さい)まで。        下記メール送信欄よりも送信できます。   お気軽にお問い合わせ下さい。  
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ